en-japan デジタルプロダクト開発本部 | note [公式]

エン・ジャパン株式会社の企画・開発部門、デジタルプロダクト開発本部(通称デジプロ)が運営する公式noteです。私たちの知識や経験、普段の仕事の様子など、みなさまのお役に立てる形で情報発信していきます。

en-japan デジタルプロダクト開発本部 | note [公式]

エン・ジャパン株式会社の企画・開発部門、デジタルプロダクト開発本部(通称デジプロ)が運営する公式noteです。私たちの知識や経験、普段の仕事の様子など、みなさまのお役に立てる形で情報発信していきます。

    リンク

    マガジン

    記事一覧

    固定された記事

    24卒の学生が急成長できるマーケティングインターンに参加しませんか?

    エン・ジャパンのマーケティング部門では、24卒の学生向けインターンシップ edge(エッジ) の予約を受付中です。昨年は200名の学生が参加して、満足度は98%!こちらのイン…

    デジプロが大切にする「若手からの挑戦機会」

    こんにちは!デジプロデイズ編集長のレイです。 本格的に夏のシーズンに突入し暑い日が続いていますが、体調などお変わりなければ嬉しいです。 実は今日は、デジプロ(エ…

    解けない課題は、解けるまで分解してみる#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オー…

    7月のアクセス数TOP3記事を紹介します

    こんにちは!デジプロデイズ編集長のレイです! デジプロデイズでは、7月より「インターン紹介」や「オープン日報」など様々なテーマで記事を平日毎日投稿しています。 …

    8月6日のマーケティングインターン edge に参加する社員を紹介します

    こんにちは!エン・ジャパンのデジタルプロダクト開発本部(以下、デジプロ)で、マーケティングインターンを企画しているレイです。 いよいよ、24卒向けインターンシップ…

    ユーザーファーストに目標を追っていく大切さ #デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オー…

    ”高頻度×短時間”でナレッジ共有を実現!「10分勉強会」のメリットを紹介

    こんにちは!Digipro Days編集部です。 今回はデジプロのデータサイエンスグループで行っている「10分勉強会」について紹介します。 10分勉強会とは?メンバーが持ち回り…

    非エンジニア中心で実現 エン・ジャパンのデータ基盤整備の取り組み

    こんにちは!デジタルプロダクト開発本部でデータサイエンスグループのマネージャーを務めている松尾です。 デジタルプロダクト開発本部(以下、デジプロ)は、エン・ジャ…

    様々に業務に取り組む日々だからこそ大切にしたい「記録→振り返り→アクション設定」#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オー…

    エンジニアの採用サイトオープン、CM放送や登壇など、7月のデジプロのトピックスを紹介します!

    こんにちは!DigiproDays編集長の渡邊です。 今回の記事では、「Monthly Digipro Topics」として、2022年7月のデジプロのトピックスを厳選して、紹介します。 エンジニア…

    中途入社して驚いた、デジプロの「フラット」な組織風土と文化

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部の渡邊です。 私はデジプロに中途入社で入ってきたのですが、 驚いたことのひとつに、「組織のフラットさ」があります。 言葉が抽象的に…

    プロジェクトメンバー・部下の立場で意識したい「仕事のジブンゴト化」#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オー…

    成果につなげるためのインプットの5ステップ#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オー…

    成功事例を真似することが成果を出す秘訣!デジプロの「学びの共有」の取り組みを紹介

    こんにちは!DigiproDays編集部です。 エン・ジャパン、デジプロには「一般化」の文化があります。 各社員、成果の出た自身の担当業務について、その取り組みや工夫した…

    「データ分析」はあくまで手段。大切なのは「解決すべき課題は何か?」から考えること#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オー…

    プロダクトの成長をデータから支えるために。データ分析の2つの観点 #デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オー…

    固定された記事

    24卒の学生が急成長できるマーケティングインターンに参加しませんか?

    エン・ジャパンのマーケティング部門では、24卒の学生向けインターンシップ edge(エッジ) の予約を受付中です。昨年は200名の学生が参加して、満足度は98%!こちらのインターン案内ページから予約できます。 今回の記事では、マーケティングインターン edge(エッジ)の詳細について紹介していきます。 edge(エッジ)とはこんにちは。マーケティングインターン企画チームのレイです。初めに、edge とは何かご説明します。 edge とは、エン・ジャパンのマーケティング部

    スキ
    14

    デジプロが大切にする「若手からの挑戦機会」

    こんにちは!デジプロデイズ編集長のレイです。 本格的に夏のシーズンに突入し暑い日が続いていますが、体調などお変わりなければ嬉しいです。 実は今日は、デジプロ(エン・ジャパン)の夏期休暇前の最終出社日です。明日から来週頭頃まで全社でお休みになります。 お休み前だから・・というわけではありませんが、本日は少しテイストを変えて、最近のデジプロについて雰囲気やホットな出来事を紹介できればと思います。 インターンに参加して改めて考えた、デジプロの環境 いきなり少し話がそれてしま

    スキ
    4

    解けない課題は、解けるまで分解してみる#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オープン日報」として、デジプロ社員の日報から抜粋をして、学びの共有をいたします。 ==== 解けない課題は、解けるまで分解してみるデータアナリストとして、事業課題を特定する際に、どこから、どのように、手をつければ良いか、考えれば良いか、分からなくなる事態に陥ってしまうことがあります。 そのような際にど

    スキ
    5

    7月のアクセス数TOP3記事を紹介します

    こんにちは!デジプロデイズ編集長のレイです! デジプロデイズでは、7月より「インターン紹介」や「オープン日報」など様々なテーマで記事を平日毎日投稿しています。 「せっかくなので、どのような記事を読んでいただけているか紹介したい!」 ということで、少し遅くなってしまいましたが、7月に公開した記事の中で、アクセス数の多い記事を3つピックアップしてお届けします! 3位数字にニガテ意識のある文系出身の私でも実践できた、ユーザー起点の分析の考え方#デジプロのオープン日報 まず3

    スキ
    3

    8月6日のマーケティングインターン edge に参加する社員を紹介します

    こんにちは!エン・ジャパンのデジタルプロダクト開発本部(以下、デジプロ)で、マーケティングインターンを企画しているレイです。 いよいよ、24卒向けインターンシップ edge がスタートします!2日間のインターンで、第1回目は 8月6日(土)~8月7日(日)に開催。30人以上の学生が参加して、マーケティング部門や人事の社員と一緒にマーケティング戦略を立案します。チーム戦で執行役員にプレゼンする時間も。 この記事では、8月6日(土)~8月7日(日)にメンターになる社員を参加す

    スキ
    16

    ユーザーファーストに目標を追っていく大切さ #デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オープン日報」として、デジプロ社員の日報から抜粋をして、学びの共有をいたします。 === ユーザーファーストに目標を追っていく大切さデジプロでは「ユーザーファースト主義」を掲げています。 ユーザーの入社後活躍が実現できるように、日々プロダクトの企画・開発、マーケティングに臨んでいます。 デジプロ社員

    スキ
    5

    ”高頻度×短時間”でナレッジ共有を実現!「10分勉強会」のメリットを紹介

    こんにちは!Digipro Days編集部です。 今回はデジプロのデータサイエンスグループで行っている「10分勉強会」について紹介します。 10分勉強会とは?メンバーが持ち回りで、テーマを設けてナレッジの共有を行う会です。 チーム運営をしているとよく抱く、下記のような点を実現できる形式になっています。 ・メンバーの知識や経験を、チーム内に共有していきたい ・なるべく負担のない形式で行いたい また、一般的な勉強会は、「たまに開催して、がっつり時間を取って学ぶ」いわゆる

    スキ
    8

    非エンジニア中心で実現 エン・ジャパンのデータ基盤整備の取り組み

    こんにちは!デジタルプロダクト開発本部でデータサイエンスグループのマネージャーを務めている松尾です。 デジタルプロダクト開発本部(以下、デジプロ)は、エン・ジャパンの各プロダクトの企画・開発・運用・マーケティングを担う部署で、PdM(プロダクトマネージャー)・デジタルマーケター・エンジニア・カスタマーサクセス・データアナリストなど様々な職種の人が一丸となって働いています。 今回は、それらデジプロを構成する様々な職種の中から、「データアナリスト」の取り組みについて、特に「デ

    スキ
    7

    様々に業務に取り組む日々だからこそ大切にしたい「記録→振り返り→アクション設定」#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オープン日報」として、デジプロ社員の日報から抜粋をして、学びの共有をいたします。 ==== 様々に業務に取り組む日々だからこそ大切にしたい「記録→振り返り→アクション設定」 私の所属するデジタルマーケティング部には、週一回朝礼があり、全体向けの広報や、その時々に応じたアドバイス・メッセージがあります。

    スキ
    2

    エンジニアの採用サイトオープン、CM放送や登壇など、7月のデジプロのトピックスを紹介します!

    こんにちは!DigiproDays編集長の渡邊です。 今回の記事では、「Monthly Digipro Topics」として、2022年7月のデジプロのトピックスを厳選して、紹介します。 エンジニアの採用サイトがオープン! デジプロでは、新卒・中途ともにエンジニアの採用を強化中! エンジニアとして、デジプロで働くと得られる経験や、楽しみ、また働き方などを紹介しています。 シックで、テックな感じが出ていて、とても素敵なサイトに仕上がっていますので、ぜひご覧いただけると

    スキ
    6

    中途入社して驚いた、デジプロの「フラット」な組織風土と文化

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部の渡邊です。 私はデジプロに中途入社で入ってきたのですが、 驚いたことのひとつに、「組織のフラットさ」があります。 言葉が抽象的になってしまったので補足をすると、「フラットさ」とは、役割や年次に関係なく、活発に意見を言い合ったり、相談を行ったりする状況を指しています。 デジプロでは、年次や役割が上の人が言ったことであっても、意見があればウェルカムですし、むしろ何か考えがあるならば伝えるべきである、と考えています。 また、業務に

    スキ
    3

    プロジェクトメンバー・部下の立場で意識したい「仕事のジブンゴト化」#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オープン日報」として、デジプロ社員の日報から抜粋をして、学びの共有をいたします。 === デジプロでは、プロジェクト制で業務が進んでいきます。 デジプロの各プロダクトごとに、様々なプロジェクトがつくられ、PdM・WEBマーケター・データアナリスト・デザイナーなど様々な職種のメンバーがアサインされて動い

    スキ
    6

    成果につなげるためのインプットの5ステップ#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オープン日報」として、デジプロ社員の日報から抜粋をして、学びの共有をいたします。 === 成果につながるインプットの5ステップ デジプロの魅力の一つは、どんどん新しいプロダクトやプロジェクトに関われる機会があることです。 その中には、今までの自身のスキルや経験を活かせるものから、新しい分野での挑戦にな

    スキ
    3

    成功事例を真似することが成果を出す秘訣!デジプロの「学びの共有」の取り組みを紹介

    こんにちは!DigiproDays編集部です。 エン・ジャパン、デジプロには「一般化」の文化があります。 各社員、成果の出た自身の担当業務について、その取り組みや工夫した点などについて、自分以外のメンバーでも実践できる形式にして共有しています。 slackやMTGなどで各々で共有する場合もありますが、デジプロとして、組織として用意している「一般化」の機会について、紹介します。 日報 こちらは、デジプロに限らずエン・ジャパンの全社員が取り組んでいます。 その日の学びや

    スキ
    2

    「データ分析」はあくまで手段。大切なのは「解決すべき課題は何か?」から考えること#デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オープン日報」として、デジプロ社員の日報から抜粋をして、学びの共有をいたします。 ==== 「データ分析」はあくまで手段。課題を起点に考えることが大事 データの分析や基盤整備を行うデータサイエンスグループでは、毎週ミートアップを行っています。 メンバーの自己紹介や、全体向けの広報、その時々に応じた相談

    スキ
    3

    プロダクトの成長をデータから支えるために。データ分析の2つの観点 #デジプロのオープン日報

    こんにちは!DIGIPRO DAYS編集部です。 エン・ジャパンでは日報の文化があり、全社員がその日の学びを言語化することで、学びの共有を行っています。 この記事では「オープン日報」として、デジプロ社員の日報から抜粋をして、学びの共有をいたします。 === プロダクトの成長をデータから支えるために。データ分析の2つの観点デジプロにはデータサイエンスグループという部署があり、 データサイエンティスト・データアナリストが在籍しています。 データアナリストは各プロダクトに

    スキ
    3