見出し画像

新卒1年目のマーケターが社長賞をとって気づいた、経験・スキルよりも大切なこと。

こんにちは、デジタルプロダクト開発本部(以下、デジプロ)の内山です。
今回は、「弊社の選考を受けている就活生」や「未経験だけどマーケティングの仕事をやりたい学生」に向けて、営業経験なしでマーケターとして入社した後、1年経って得た学びを書いていこうと思います。

はじめに

最近、弊社の選考を受ける学生と面談をすることが多いのですが、以下のようなことをよく聞かれます。

「新卒未経験で専門性の高い企画職は務まりますか?」
「マーケティングをするには、営業経験が必須じゃないんですか?」

僕自身、営業経験やマーケティングのスキルがあったわけではなく、同じような疑問を就活時に抱いていました。
ーーーーー
デジプロに入社してから1年経ったいま、上記の問いに対して、こう答えます。
「入社時の経験・スキルよりも、なにがなんでも目標達成しようとするマインドが大事」
この記事では、上記の結論にいたった背景を、僕がデジプロに入社してから取り組んだことと併せて、説明していきます。

デジプロに入社してから取り組んだこと

最初に、僕が入社してから取り組んだ業務について簡単に紹介します。

2019年4月~6月:プロモーション部に配属。デジプロの新卒研修でプログラミングなどを学びながら、広告運用の基礎知識を習得する。
2019年7月~9月:採用支援サービス「engage」の広告運用を担当。リスティング広告やディスプレイ広告などの運用を行う。
2019年10月~12月:engageに登録してくれた企業の利用促進を担当。MA(マーケティングオートメーションツール)を用いた、企業向けのメールマーケティングなどを行う。
2020年1月~3月:toBマーケティングを担当しつつ、engageで掲載された求人に応募を集めるtoCマーケティングにも取り組む。求職者向けのメール配信や効果分析を担当。

先月行われた全社キックオフでは、1月~3月の成果・取組みが評価され、社長賞 新人賞を受賞することができました。

画像1

なぜ1年間という期間で成果をだすことができたのか。私は、知識・スキルの有無ではなく、「目標達成のためにやるべきことはすべてやる」という考えで仕事に取り組めたからだと思っています。

「経験・スキルは関係ない」に気づいたきっかけ

僕は、営業経験があるわけでもなく、マーケティングについてもほぼなにも知らない状態でデジプロに入社しました。そのため、入社後しばらくは、「未経験だし最初は成果がでなくても仕方がないかなー」と思っていました。そんな中、あることがきっかけで考えを改めました。
ーーーーーー
昨年の8月、engageの広告運用をはじめて1か月ほど経った時でした。担当していた広告運用の効果が悪くなってしまいました。その際、当時の上司が下記のような話をしてくれました。

「スキルや知識がないのは仕方がないことだと思う。だけど、それを理由に効果を落としてしまったは言い訳でしかない。
内山さんはengageの利用企業を増やすというミッションを持っている。これは、多くの企業にengageを利用してもらうことでより多くの求人を求職者に届けることにつながる。内山さんが広告運用の目標を達成することは、求職者の選択肢を広げることになる。そういう意識をもって仕事に取り組んでみてほしい。上記の実現のために、目標達成のためにできることはなにがなんでもやり抜いてほしい。」

この話を受けて、私は2つのことに気づきました。

1つは、無意識のうちに「未経験」という言葉に甘えてしまっていたこと
心のどこかで、「新卒だし未経験だから失敗しても大丈夫だろう」と思っていました。ただ、求職者や企業にとって、自分が未経験かどうかは1ミリも関係のないこと。未経験だろうがなんだろうが、目標達成のためにやるべきことはすべてやろう、と考えるようになりました。

2つ目は、自分の仕事が1人の人生を変える仕事であること。広告運用では、日々ダッシュボードなどで数字を見ます。この数字の裏には、「いい人を採用したい企業」と「就職したい求職者」がいます。自分が広告運用を頑張ることで、1人でも多くの求職者に求人を届けることができるようになる。そのために目標をなにがなんでも達成しないといけない、と思うようになりました。

ーーーーー
そこから、目標達成に向けて、能動的に仕事に取り組みました。

・わからないことは恥ずかしがらずに、「わかりません」と上司に伝える。
・パートナー企業に頼み、デジタル広告の知識を徹底的に教えてもらう。
・MAツールなどの説明会・勉強会に参加し知識をインプットする。
・マーケティング関連の本を週に1冊は必ず読む。
・営業が書いてくれる日報を毎日読み企業の動向をチェックする。

積極的に動いていくうちに、少しづつ、できることが増えていきました。できることが増えてくると、次のミッションを任せてもらえ、そのミッションを達成するためにはどうすればいいかを考える。それを繰り返すことで、大きな成果を出すことができました。

さいごに

この1年間を通して、目標を達成しようという気持ちがあり、そのための努力を怠らなければ、未経験であってもマーケター(企画職)は務まると自信をもって言えるようになりました。新卒で、経験や知識・スキルがないのは当たり前。大事なのは、その中でどのように取り組むか、です。

そして、目標達成のためには、他者の協力が必要不可欠です。上記の取組みの中でも、たくさんの方に協力していただきました。デジプロは目標に向けてがんばる1人1人を応援してくれるステキな部署です。興味があったら、下記からエントリーしてみてくださいー!


この記事が参加している募集

オープン社内報

そのワンクリックに、ありがとう
112
エン・ジャパン株式会社の企画・開発部門、デジタルプロダクト開発本部(通称デジプロ)が運営する公式noteです。私たちの知識や経験、普段の仕事の様子など、みなさまのお役に立てる形で情報発信していきます。

こちらでもピックアップされています

#仕事 記事まとめ
#仕事 記事まとめ
  • 256本

働き方から採用、転職、仕事の仕方など、noteに投稿された仕事に関する記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。