見出し画像

記事をつくって丸7年。動画素人のWEBライターが、オウンドメディアで「YouTubeチャンネル」をつくった話。

こんにちは。エン・ジャパンの オウンドメディア「キャリアハック」の企画・制作を担当している野村です。

先日初の試みとして、キャリアハック公式「YouTube チャンネル」をスタートしました!

画像1

もともとテック業界で働く人のためのWEBとして、2012年にスタートした「キャリアハック」。これまでテクノロジーとアイデアで世の中を動かしているトップランナーたちを取材し、7年間で約1300本を超える記事を掲載してきました。

画像2

いわば、記事作り一本でやってきた「動画素人」の私たちが、なぜ今回YouTubeをはじめようと思ったのか。まだはじまったばかりですが、スタートまでの試行錯誤も含めてご紹介させてください。

はじまることなく消滅した「幻の動画プロジェクト」

「記事だけでなく、動画での発信をはじめよう」という話は、1年ほど前から編集部でしていました。

動画をはじめるきっかけに「5G」という時流はもちろんありますが、「記事を届ける」以外にもキャリアハックの読者と接点を持てたら、おもしろそうだな。読者のみなさんに、もっとキャリアハックを身近な存在に感じてもらえたらうれしいな。最初はそんな小さな妄想からはじまりました。

けれども、記事制作一本でやってきた私たちにとって、「動画」は全く未知の領域。

いったい何を撮影したらいいのやら。機材はなにが必要か。そもそも、どんな動画だったら見てもらえるのか...。

最初は取材先の風景をスマホで一部撮影してみたり、世の中にある動画コンテンツを洗い出してブレストしてみたりしするものの、最初の一歩目を踏み出すことさえなかなかできませんでした。いつのまにか議題からはなくなり、にわかにはじまった「動画プロジェクト」は消えてなくなっていました。

コロナ禍でスタートした「公開取材」

動画コンテンツへのチャレンジはいったん胸の内にしまい、いままで通り「記事作り」に励む日々へ。そこから改めて「動画をやろう!」と一念発起したきっかけは、コロナ禍でスタートした「公開取材」でした。

コロナによって社会が大きく変わり、不透明な時代だからこそ、取材をリアルタイムで届けることに価値があるのではないだろうか。トップランナーの生の声と表情も一緒に届けられたら、もっと勇気づけられるんじゃないか。にそんな思いから、取材をTwitterでライブ配信する「公開取材」をスタートしました。

Twitterでのライブ配信も、公開取材も、初めてのことで準備にアタフタ...(汗)。当日もうまく配信できるかドキドキでしたが、想像以上に多くの方に視聴いただけたこと、編集部一同とってもうれしかったです。(今後も続々と公開取材決まってますので、またお知らせさせてください。)

リアルタイムで見れなかった人もたくさんいるはず。ならば、ノーカット版とダイジェスト版をyoutubeでアーカイブを公開してみよう!前置きがだいぶ長くなりましたが、ここでやっと「キャリアハックyoutubeチャンネル」プロジェクトが始動しました。

いまだからこそ、できることってなんだろう。

コンテンツも、記事を含め何をすべきだろう。何を伝えられるだろう、どんなものだったら喜んでもらえるだろう。答えはなかなかみつからず、試行錯誤の連続です。

でも、こうした状況だからこそ思いつくアイデアもあるのかもしれない。いまだからこそ、できることってなんだろう。成功するかわからないのだから、まずやってみよう。そんな「勇気」だけで十分なのかもしれないと思う今日この頃です。

公開取材も、youtubeチャンネルもまだまだ動画の撮影スキル、編集のスキルも追いついておらず…おぼつかないクオリティというのは重々理解してます(涙)

「キャリアハック」を少しでも身近なものに感じてもらえるように、動画作り、youtubeチャンネルの充実に励んでいきます。

これからどんどん更新していきますので、ぜひチャンネル登録をお願いします!



この記事が参加している募集

いま私にできること

未来はきっと明るいです
17
エン・ジャパン株式会社の企画・開発部門、デジタルプロダクト開発本部(通称デジプロ)が運営する公式noteです。私たちの知識や経験、普段の仕事の様子など、みなさまのお役に立てる形で情報発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。