「まずは結論を持つ。それが仮説につながる」マーケター初心者がすべき「マーケター脳」の鍛え方3ステップ
見出し画像

「まずは結論を持つ。それが仮説につながる」マーケター初心者がすべき「マーケター脳」の鍛え方3ステップ

はじめまして。

今年の7月にデジプロへ中途入社いたしました、月成 健瑠(つきなり たける)と申します。

本日は、8月24日に開催された社内の勉強会から、プロのマーケターである
株式会社Moonshot 代表 すがけんさんこと菅原健一さんによる「マーケター脳」の鍛え方講座についてお伝えしたいと思います。今回の研修には今年新卒入社のデジプロルーキーと中途入社者である私を含めたマーケター初心者の8名が参加をしています。

この記事では、マーケター初心者の方や今後マーケターを目指したいなどのマーケターのたまご向けの内容になっております。マーケターとしての大切な考えを学べる内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。


1.「マーケター脳」を鍛える3ステップ

早速ですが、「マーケター脳」を鍛える3ステップとは具体的に何でしょうか?

結論、【興味を持つ】【何故かを分解する】【似たものと比較する】です。それぞれ詳しく説明していきます。

【興味を持つ】
まず第一に、商品やサービスなどに興味を持つことです。自分が好きなもの、ハマっているものなど何かしら興味をもっていることがあると思います。ものによっては全然興味がないものや嫌いなものがあると思います。
ここで大事なことが、

「何でもかんでも拒否するのはよくない」

ということです。最初は興味がない・嫌いであったけど、知っていくと面白い・好きになったという経験はないでしょうか?自分自身の視野を広げるためにも、すぐに拒否せず、興味をもっていきましょう。

自分が興味を持ち、そのものに対して好きになることができれば次のステップである【何故かを分解する】につながっていきます。

【何故かを分解する】
ここでは興味を持った商品やサービスなどを様々な視点から分解を行っていきます。

例えば
・売り上げの出し方は?
・ユーザーの年齢層や性別は?
・どこで手に入れられるのか?
・人気の要因は?
上記のように詳細に分解をしていきます。そして最後のステップである【似たものと比較する】へと続きます。

【似たものと比較する】
最後のステップでは、前に分解してきた要素を別のものと比較するステップになります。競合他社の商品やサービス、またそれを使うユーザーの属性などで比較をしていきます。前のステップで行った分解を比較対象にも行っていきます。その後2つを比較していき、それぞれの状況や特徴の違い、それによる優劣などが見えてきます。

これが3ステップの流れになります。分解・比較することで今の状況をしっかり把握することができ、次に何をすべきかが明確になっていきます。

2.実践編

研修時にこの3ステップを参加者全員が行いました。今回は私の例をご紹介いたします。

【興味を持つ】
私は学生時代、アパレル企業でアルバイトをしていたのでアパレル関係に興味を持ち、大手企業であるユニクロにフォーカスをしました。

【何故かを分解する】(※ここからは個人的見解)
何故ユニクロは人気なのかを詳細に分解していきます。

・売上は単価×客数
・商品は比較的安価であり、年齢層も幅広い(学生からファミリー向けなど手軽にファッションを楽しみたい層)
・近年ではハイブランドとのコラボを行い、ハイブランド層にもリーチを拡大
・品質、機能性が高く、アイテム数も多い
・アプリを使用したネットショップがあり、圧倒的な店舗数に加えインターネット上にもリーチを拡大中

【似たものと比較する】
今回比較対象にしたものは、近年非常に伸びているZOZOTOWNを選びました。

・アプリを使用したオンライン上の販売、圧倒的なブランド数やアイテム数
→ユニクロよりも多く、ZOZOTOWNが優位
・スマホやインターネットに疎い層は実店舗へ足を運ぶ
→ZOZOTOWNはネットショップであるため、実店舗を持つユニクロが優位
・コロナ渦による外出自粛により、ECサイトの需要が高まっており、ZOZOTOWNはセールイベントや新規ブランドの参入など動きが活発
→ユニクロからすると、この部分が一番の脅威

以上のことから私が考えるユニクロがZOZOTOWNに対抗するためにすべきことは

◆実店舗のクオリティをキープしながら、ECでのイベントなどの施策を増やす
◆人気の高いブランドとのコラボを増やし、希少性の高い商品を増やす(限定品)

この2点であると考えました。

簡単にではありましたが、以上の流れでこの3ステップを実施しました。今回はアパレル企業で行いましたが、対象は興味を持ったものであれば何でも可能です!ぜひ実践してみてください!

3.おわりに

最後になりますが、この研修の中で一番重要なことをお伝えいたします。

「まずは結論を持つ。それが仮説となる」

実践編で紹介した例は、あくまで私の個人的見解です。なので確実な正解ではありません。しかし、結論を持つことで課題を見つけ、解決のために何をすべきか行動に移すことができると思います。3ステップを実施することで結論を出し、それが仮説になるわけです。仮にこの結論・仮説が間違っていても、その結果をさらに分解・比較を行えば新たな結論を出すことができます。「マーケター脳」を鍛えるということはまさにこの繰り返しなのです。

私を含めたマーケター初心者はもちろんのこと長年マーケターをしている方も初心に帰り、この3ステップを実践していきましょう。そして今以上に「マーケター脳」を鍛え、プロのマーケターとして活躍できる人材を一緒に目指していきましょう!

いつもより、ほんのちょっと良い一日を
エン・ジャパン株式会社の企画・開発部門、デジタルプロダクト開発本部(通称デジプロ)が運営する公式noteです。私たちの知識や経験、普段の仕事の様子など、みなさまのお役に立てる形で情報発信していきます。